1 :白百合姫@白百合姫 ★:2016/10/08(土) 16:54:04.93 ID:CAP_USER9.net
 ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった東京工業大の大隅良典栄誉教授は記者会見で「科学が『役に立つ』という言葉が社会を駄目にしている。本当に役立つのは100年後かもしれない。将来を見据え、科学を一つの文化として認めてくれる社会にならないかと強く願っている」と話した。

 今回の受賞は、20年以上前の1992年当時の業績が大きく貢献している。これから20年後もノーベル賞が出るような研究を続けるためには、日本の大学や基礎研究を取り巻く環境をどう改善すればいいのだろうか。

 大隅氏はノーベル賞受賞以前にも科研費や研究環境について訴えている。「現在の科研費、とりわけ基盤研究の絶対額が不足しており、採択率がまだ圧倒的に低い。今の2、3倍になれば大学などの雰囲気も変わる」との主張だ。

 科研費とは、科学研究費助成事業に基づく研究資金である。人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる独創的・先駆的な「学術研究」を対象としている。

 学術研究については、「人間、社会、自然の中に潜む真理を探究することを目標にした知的な営み。自らの発想で自由にかつ責任を持って、原理や知見を徹底的に追究するという固有の特色」と説明されている。

 大学関係者であれば、多くの人がお世話になっている。2015年度の予算額は2273億円である。ただ、大隅氏の言うとおり採択率は低く、15年度の新規応募件数は約10万7000件だったが、新規採択件数は3割弱の約3万件にとどまっている。

 筆者は学生時代に数学を専攻したが、研究課題が社会の役に立つのは100~200年も先といわれていた。それどころか、まったく役に立たないかもしれないともいわれた。

 ここで重要なポイントは、どんな研究が何の役に立つのかは、最初は誰にもわからないということだ。この意味で、基礎研究は選択と集中ができない分野だ。とはいえ、やらなければ当たらないし、社会への貢献もない。この意味で、基礎研究は未来への投資の典型である。下手な鉄砲ではないが、数多くやれば、確実に一定の成果はあるものだ。

 こうした懐妊期間(研究開発から成果が出るまでの期間)が長く、広範囲に行う必要のある投資は、民間部門に任せるのは無理があり、やはり公的部門が主導すべきである。その場合、投資資金の財源は、税金ではなく、将来に見返りがあることを考えると、国債が適切である。

 今の科研費など基礎研究は税金で賄っている。先日の本コラムで、今の文科省や財務省には教育を投資と考える発想はないと指摘したが、科研費はまさにその状況だ。

 50年超の超長期国債や償還期限のないコンソル国債を発行し、未来への投資を国として行い、十分な研究資金を確保すべきである。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

ソース:zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161008/dms1610081000002-n2.htm

関連スレ
【社会】「浮かれている場合ではない」=基礎研究の現状に警鐘-ノーベル賞・大隅さん
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475880623


2 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:54:54.01 ID:Ce1x54d90.net
今更おせーよ


3 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:55:38.50 ID:yfgMj7KJ0.net
ノーベル賞資金確保のためには
まず社会の無駄ネトウヨを
徹底的に排除していくべき


5 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:57:44.72 ID:ioslsY980.net
>>3
そんなにノーベル賞がほしいの?
平和賞で我慢しとけ


12 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:59:53.62 ID:4QcwmObC0.net
>>3
二番じゃダメなんですかって言って研究費を削減したのは

お前の好きな民主党(現民進党)なんだが?

頭大丈夫ですかー?脳みそ入ってますかー??


53 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:10:16.41 ID:4iQCaxYi0.net
>>12
入ってるけど沸いてるw


4 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:57:36.81 ID:aE+3JNu40.net
もう日本はあかんわ
目的が いかに税金ぶん取るか やからな


6 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:58:04.49 ID:lYVXnz2F0.net
20年後には中国領に…(´;ω;`)こわいお


7 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:58:12.21 ID:RGlarG2z0.net
アホか?


8 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:58:25.98 ID:PEFvaNnV0.net
公務員と国家議員の給料をカットしてそれにあてよう
米百俵の精神やね


9 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:58:29.67 ID:HfQS0iWC0.net
けんもーかよ


10 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:58:43.15 ID:4QcwmObC0.net
蓮舫みたいなスパイを滅亡させるのが先


11 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 16:59:20.04 ID:rKJWJrEQ0.net
イエス!!!散財!!!!!賞はどうなってるの?


13 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:00:23.54 ID:SS53uY/d0.net
「表~彰~状~、あんたはエライ!」


14 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:00:28.31 ID:U//PhDjP0.net
無駄使いを無くすためには死んでもいいバカばっかりだから無理
ご愁傷さま


15 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:00:33.81 ID:Yp4+U7Dk0.net
何十億かけてノーベル賞の賞金1億円ゲット?


27 :2chのエロい人:2016/10/08(土) 17:04:50.81 ID:GsrDtEKi0.net
>>15
たった何十億の金で、何兆、何十兆の波及効果がある研究になるかもしれない。
そんな貧相な発想しかできないおまえの国では、永遠に無理だな。


83 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:41.47 ID:Yp4+U7Dk0.net
>>27
かもしれない?


88 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:10.14 ID:GduLSzuo0.net
>>83
馬鹿は文字を書かないほうがいい


16 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:00:43.72 ID:1RvofML80.net
海外に何十兆とバラ撒いてるからな。感謝もされんのに


17 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:01:11.86 ID:I8Z41yOe0.net
産経が好きそうな論調だねw


18 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:01:14.18 ID:MHZsziKf0.net
役にも立たないノーベル賞のために無駄カネ使うなら
困ってるお年寄りの介護に使えよバカ


19 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:02:24.20 ID:WUhf3fDZ0.net
無能な研究者が、研究続けるために税金払うのか?

そもそも、200年後に役立つことを今研究しなきゃならないのか?

成果を見出せた(実用化という意味ではない)研究には予算増加もありだろうが、
ダメな研究者にダラダラ金かけるものでもないだろ。


20 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:02:30.91 ID:8hSaNquu0.net
目先の金しか考えられない底辺には分からない話だねえw


21 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:03:05.48 ID:K39ZpQSM0.net
>>20
2ちゃんやってる底辺のセリフかよ()


22 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:03:06.91 ID:EoJaoW0Q0.net
ある程度の予算は必要だがそんなことではたぶんダメなんだろうな。
カミオカンデとかは例外中の例外で、賞を取った研究の殆どは
医者が博士号欲しさにやってるしょうもない研究レベルの予算で賄えると思う。


23 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:03:28.72 ID:KjrieAiw0.net
ノーベル賞とか取れなくても人類の役に立ってる研究って沢山あるだろ、もっと資金出してやれよ
地味な基礎研究やってる人達を尊敬するわ


28 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:04:52.05 ID:K39ZpQSM0.net
>>23
ちゃんとしたクルマを作って世界でカネを稼いでる
トヨタの技術者の方がノーベル賞学者の何万倍も日本の役に立ってるわな


24 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:04:04.33 ID:m1AycZ0E0.net
基礎研究はノーベル賞の為にするもんじゃねーだろ


25 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:04:18.93 ID:eskwQPw20.net
「これから20年後もノーベル賞が出るような研究を続けるためには」



これもズレてるって分からないのかな?ノーベル賞が目的になっちゃってるじゃん。


34 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:06:04.68 ID:aqEuaRq70.net
>>25
ノーベル賞=世界に貢献、だから、そこは読みかえれば良いだけだよ


36 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:06:41.63 ID:GduLSzuo0.net
>>25
馬鹿だねえ

世界で認められるかって話の象徴にすぎないのに


29 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:04:52.31 ID:7yAA2jWE0.net
>>1
同意。庶民は無駄な消費はしない。
つまり増税して研究開発に金を注ぎ込むべき。
理系人材の育成とその受け皿へ投資しろ。

極論でいえば、北朝鮮みたいな、資金配分をすべき。


30 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:04:55.87 ID:9m6lHVKC0.net
>>1
同意。
このままだと20年後には日本からノーベル賞は全く出なくなるね。
あと国立大学とかに成果主義とか下らないものを導入して、短期的な成果ばかり追わせるようになったのも諸悪の根源。徹底排除すべき。


35 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:06:32.23 ID:56bWr61l0.net
>>30
その前に国立大学の数を減らして予算を集中しろよ


31 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:05:01.15 ID:4Ig4ghTe0.net
発明が利益つなげないんだから
むりにきまっとる


32 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:05:19.04 ID:sZVWY99D0.net
ノーベル賞の破壊力はすごいな
中韓の反日政策に国民が疑いを持ち始めている


33 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:05:53.82 ID:lBmOofS50.net
特許って20年後も有効なんだっけか、期間によっては無駄になるよね


37 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:06:44.05 ID:GbrxtvmC0.net
このスレのレスが日本の民度なんだろうな…


40 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:08:11.27 ID:aqEuaRq70.net
>>37
君こそが2ちゃんねる界の村上春樹なんだろうなあ


38 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:07:05.66 ID:7yAA2jWE0.net
日本がすべきことは2つ。

・巨大地下要塞自律都市の建設 
・研究開発への投資


39 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:08:04.38 ID:hu0jvrp90.net
財団法人 ノーベル賞獲得研究会とか作るんだろ


43 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:08:29.40 ID:K39ZpQSM0.net
>>39
それに近いのは既にあるよ


41 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:08:19.60 ID:f586PD9p0.net
戦後の自民党の教育システムがうまくっているので
アンチには耐えられないんでしょう
80年前後の詰め込み教育批判とゆとり教育はぶざまだった


44 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:08:51.91 ID:0NeB3DcK0.net
ノーベル賞なんかどうでもいいだろ


45 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:01.73 ID:+vNKRF4k0.net
ノーベル賞が目的で何千億も出せって言うのか


58 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:11:41.88 ID:FE/BAS6O0.net
>>45
別にしていくら出したっていいだろ
国債なんか日銀が引き受ければいいんだよ
もう、引き受ける国債無くて
金融緩和できねーんだぞ


46 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:21.86 ID:nqIogxvL0.net
いやさぁ、きちんとこういう目的の為なら
多少税金払っても文句無いよ
自分のノータリンな頭じゃ出来ないんだから
せめても協力出来るのは金出しあう事位だもん

私腹肥やしたり、無駄に使うから皆怒ってるんだぞ


47 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:31.35 ID:lNJGl93X0.net
ノーベル賞取れば9500万円貰えるんだから、取るためならその金でやればいいじゃん
そもそも取れないならやる必要も無い
利息なしの生保でもつけた奨学金でやっとけよ


48 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:50.63 ID:HF7xGbhC0.net
イグノーベル賞
じゃダメなんでしょうか?


49 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:53.37 ID:+n8q7Dv30.net
一番でも蓮舫

二番でも蓮舫


50 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:09:55.34 ID:T/5A5J6q0.net
老人がため込んでるマイレージを没収して換金して国庫に納入


51 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:10:11.51 ID:ED+AB96q0.net
※内9割は天下り団体に流れます


52 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:10:13.94 ID:56bWr61l0.net
実際に1にあることが当てはまるのは上から10%くらいで、のこりは寄生虫みたいな研究者じゃん


54 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:10:41.41 ID:hu0jvrp90.net
青色LEDみたいにカネに出来れば良いんだけどな。

日本すげー日本マンセー日本優秀
とホルホルしているが、ずっとド貧乏。
美味しいところは全てアメリカ様が
持っていっているという


55 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:10:49.12 ID:LeR8kDzt0.net
研究費は会社が払え
儲けは俺が貰う


59 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:11:45.88 ID:HF7xGbhC0.net
>>55
おーい中村くん


69 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:15:49.79 ID:UVN4eeQK0.net
>>59
ちょいと待ちたまえ


56 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:11:05.56 ID:y4MopAO60.net
別に、ノーベル賞貰うのが国家の目標って訳じゃないからなw


62 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:13:22.32 ID:K39ZpQSM0.net
>>56
ONR(米海軍研究局)がファンディングした日本人含む100人近いノーベル賞受賞者は
軍事目的の投資の結果だわな。ノーベル賞が目的だったわけではない。


57 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:11:23.60 ID:S8EhpnMe0.net
いやほんと
お馬鹿な記事だことww


60 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:12:03.11 ID:UVN4eeQK0.net
公務員の給与削減と地方中央の議員の削減だろまずは。


61 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:12:25.09 ID:56bWr61l0.net
役に立たないって言葉のせいでその他大勢の無能研究者まで調子乗ってるね


63 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:13:48.96 ID:OZEQPtyL0.net
産業化して初めて金になるんだがな
基礎研究は使われて終わり
発想が間違ってるだろ


72 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:16:24.04 ID:aqEuaRq70.net
>>63
お隣の国はそれなんだよな
でも日本人がノーベル賞をとると名誉欲がむらむらと湧き上がってくるけど
金が目的ならノーベル賞受賞者の人生なんて慎ましすぎて、真似できん


64 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:13:57.51 ID:BrBfy1qy0.net
ノーベル賞でしか説得できない、その程度
そいつに能力あれば自然とスポンサーが是非にと逆に来るものだし


65 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:14:31.49 ID:Oqz7/SJg0.net
低学歴の安倍ぴょんにそんな考えはないだろ
上級国民だけ豊かになればそれでいいの


66 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:14:54.04 ID:msVyB5lt0.net
過去の栄光が忘れられなくて分相応の行いが出来なくなった老害の典型だな
もう日本は基礎研究なんてものが出来るような裕福な国ではなくなっているんだよ
10年後すら見えないのに20年後なんて考える余裕はない


71 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:16:17.56 ID:56bWr61l0.net
>>66
バブル並みの好景気なら今でも予算つくに決まってるよな


78 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:18:26.84 ID:K39ZpQSM0.net
>>71
好景気の時は景気を冷ますために増税して支出を減らすのが正しい経済政策。
不況の時は減税して支出を増やすもの。、


67 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:15:35.85 ID:yiKk16e50.net
ノーベル賞なんかを目的にしてどうすんだ
馬鹿か?


68 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:15:47.28 ID:VnF4SDsD0.net
舞い上がるなよボケ


70 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:16:12.89 ID:MscYp3Ai0.net
留学すればいいんじゃないの?


74 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:16:46.69 ID:hu0jvrp90.net
基礎研究はAI&スパコンがやってくれるよ


86 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:20:25.81 ID:FE/BAS6O0.net
>>74
スパコンの進化系の量子コンピューターなんか
日本は、民間も投資やめちゃって
もうおいてけぼりになってんだろうが…


75 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:16:48.82 ID:CclgUvsm0.net
スウェーデンのノーベル基金のようにすれば良かろう。
国から一切金をもらわずに基金で賄うのはどうだ?
25人分の研究成果がノーベル賞を受賞した。

どれだけ経済を拡大したか、まずは調べてみることだな。

すでに一兆円以上の収益をあげていても不思議ではない!


82 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:38.82 ID:pDglQUOc0.net
>>75
どっちかって言うとセイカシュギ的な環境から上がった実積もいっぱいふくまれてるじゃん
ほんとの100年先を見た研究がいくつあるのかね?


100 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:24:47.26 ID:LKTJFbGh0.net
>>82 ほんの100年先を見据えた研究など、普通だよ

数学の世界では、200年越しの問題なんかザラにある


76 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:17:58.32 ID:buMXNgHH0.net
特亜には無理という事はわかった!


77 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:18:16.64 ID:LKTJFbGh0.net
あほらし

研究職ってのは相対的に高給取りなもんだ
平社員と一緒に働かせて、成果だけ奪うビジネスモデルでは、日本国ごと潰れるんだよ


79 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:05.24 ID:ae8heQbv0.net
ノーベル連呼するなって
他国の基礎研究を発展させる方法もある
いずれにしても予算着けないといけないけど
まずは英語の公用だね


80 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:19.04 ID:Zv2DKgQB0.net
ノーベル賞の報道だってヒゲが生えてるとかそんなのばっかりだからな
マスコミの姿勢を責める向きもあるけど、結局のところ国民が科学に関心ないんだよ
日本は反知性社会だからしょうがない。ここの書き込み見ててもそう思うわ


81 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:24.84 ID:7H20E0ZE0.net
お前ら、ノーベル賞のために基礎研究をやるとかマジで思ってる訳?w
ノーベル賞は基礎研究のおまけだw
長期的に応用(儲け)の基礎になる研究の事を基礎研究と言うんだぞ?w
近視眼のアホばかりよのうw


84 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:19:52.88 ID:rVL0mhno0.net
省庁で天下りゲームしてふんぞり返ってるバカたち干せばいいだけ


89 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:19.95 ID:rVL0mhno0.net
>>84の続き
特にこの記事書いてトンチンカンな誘導してるような無能を


85 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:20:05.04 ID:+mdtJNoo0.net
ノーベル賞目的にしてどうすんの


87 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:01.38 ID:Ow1WcSd80.net
基礎研究は重要だよ
基礎研究は貧乏が基本
それでも続けられる研究者の公務員制度は最重要


90 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:24.92 ID:X+rbBSX20.net
>19
発想がとても貧困


91 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:41.16 ID:r/uU8cZ90.net
> 50年超の超長期国債や償還期限のないコンソル国債を発行し、未来への投資を国として行い、
> 十分な研究資金を確保すべきである。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
こいつ韓国人みたいな奴だな。
日本人がノーベル賞とって、愛国心で胸がいっぱいになったのか?
国債発行して(なんの役に立つともわからない)研究資金を賄えときたもんだ。


92 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:22:44.92 ID:9jaDphQV0.net
それどころかアベは国立大学の補助金を大幅にカットしました(笑)
北海道大学は芝生の維持費も払えません(お子様出入り禁止)


93 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:23:07.39 ID:/YQ1S6wD0.net
危険を伴わない公務員の給料を半額にしたら財源確保できるよ。


97 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:23:44.79 ID:FE/BAS6O0.net
>>93
国債発行すればいいっていってんだろうが
ばか


94 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:23:09.84 ID:+mdtJNoo0.net
オリンピックみたいに自国開催があるなら見栄を張るのもわかるけど
基礎研究してたら結果的にノーベル賞取っちゃいましたやったーでいいだろ


95 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:23:17.44 ID:3GOaxath0.net
そんな事よりノーベル賞の賞金に所得税かけるのやめてやれよ


96 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:23:22.45 ID:dg19EAgu0.net
学者様
「日本の金はどんどん減っていってるが研究資金は減らすなむしろ増やせ
俺たちは金を集める努力も研究のアピールもしないがノーベル賞がとれなくなってもいいのか?」


98 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:24:14.47 ID:Cma9Ch0M0.net
こういうのは産経本体で言えよw


99 :名無しさん@1周年:2016/10/08(土) 17:24:14.52 ID:pDglQUOc0.net
本とこれそう


Ref: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475913244